転職百花 女性の活躍を応援する転職ノウハウ情報サイト > 転職ノウハウ > 外資系企業の英語面接では何を見られている?よく聞かれる質問とその対策問答集

外資系企業の英語面接では何を見られている?よく聞かれる質問とその対策問答集


日本語での面接でも緊張するという方が多いですが、「英語面接ともなれば母国語ではない言葉でのコミュニケーションに苦戦するのでは…」とさらに緊張してしまう方も多いはずです。

そのため、日本語での面接以上に想定される質問を考える、質問を深掘りされたときにはどう答えるかなど、面接の対策をしておくことが重要となります。

特に外資系企業の場合は自分のことをどれだけ上手にアピールできるかが、面接成功の鍵となってきますのでぜひ参考にしながら準備を進めてみてください。

面接は自分を売り込む重要な場

自分のことをアピールするにしても、能力をひけらかすような表現は好まれない日本での面接に対して、外資系企業では自分がいかに能力の高い人間かを伝えることが重要になってきます。

主張する文化の外資系企業と、謙遜することが美という文化の日系企業との違いは、面接の場でも現れてきているといえるでしょう。

主張することに慣れていない日本人の場合、面接でうまく話そうと思ってもなかなか上手な表現ができず、企業側から「控えめすぎて能力がわからなかった」と思われてしまう可能性も高いです。

しっかり準備を行い、普段とは違うコミュニケーションのとり方に慣れておくようにしましょう。

事前準備

実際に事前準備をする場合、どのようなことに気をつけていけばよいのでしょうか。

企業情報の収集

日本での面接でも企業情報の収集を行うのが当たり前ですが、英語面接でも企業について知っておくことはとても重要です。それは、多くの質問の説得力をプラスするのにとても関連のある情報だからです。

例えばどんな質問に企業情報の有無が関係するか、挙げていってみましょう。

・当社を選んだ理由は何ですか?(志望動機)
・あなたはなぜこの分野に興味を持っているのでしょうか。
・当社の製品やサービスについてのあなたの意見を聞かせてください。
・もし当社に入社した場合、3年後にどうなっていたいですか?

上記のように、たくさんの質問に企業情報が関連するとわかります。

企業研究を怠ると、これらの質問に答えたときに「当社でなければならない理由がわからない」、「志望度合いが高くないのかもしれない」と思われる可能性があります。

その企業への入社意欲が高いことをわかってもらうためにも、企業情報の収集は欠かせない準備だといえるでしょう。

服装

日本の面接でも同様ですが、清潔感はとても重要視されます。特に革靴の手入れには気を配りましょう。

外資系企業では、特に身だしなみや清潔感についてとても重要視しますので、靴が磨かれていない、シャツに清潔感がない、身だしなみに重きをおいていないと感じられるような場合、悪い印象を持たれます。

口臭・体臭などのエチケット、スーツやシャツなどにシワがないか、男性であればネクタイが派手すぎないかなども入念にチェックしておきましょう。

当日

面接当日にも気をつけるポイントがたくさんあります。3つのポイントに分けてご紹介しますので、頭に入れておいてください。

面接官が見ているポイント

面接官が見ているポイントとして1番に挙がってくるのは、自分のキャリアに自信を持っているかということです。

その他には入社意欲、仕事への姿勢と適性があるかどうかなどが見られています。よくある質問や面接官への逆質問に関しては、次項でお伝えしますのでそちらをご参考ください。

まずは、キャリアへの自信についてご紹介していきます。外資系企業では文化などのバックグラウンドが違う方が多いため、多種多様な人の中で生き残っていくには自信のある態度で自分の主張をすることが大切。

日本ではあまりないコミュニケーション方法のため、事前に模擬面接などで訓練しておくことをおすすめします。

不自然さを感じられてしまうと落ち着きのない態度だと見られる可能性もありますので、とくに注意してください。どれだけ緊張したとしても、常に自信を持った態度で面接に臨めるよう努めましょう。

次に入社意欲、そして仕事への姿勢と適性を見られます。入社意欲は先にもご紹介した通り、「なぜ当社でなければならないのか」という質問への答えを準備しておくことでクリアできます。

たとえ「それって他の会社でもできるよね」という返答が返ってきたとしても、落ち着いて対応できるようにしてください。

仕事への姿勢と適性については、これまでの実績や職種についての質問で見られることが多いです。

自分がどのように取り組んで、その結果どのような成果を挙げられたのか、わかりやすく伝えられるよう準備しておきましょう。

よくある質問

外資系企業での面接では日本の面接とは異なる質問もあるため、事前に準備をしておきましょう。よくある質問としては、下記のようなものがあります。

・◯◯の部署での◯◯というポジションについて聞かせてください
・上司はどのような人物ですか?
・そのポジションで一番苦労したことはなんですか?
・これまでのキャリアには満足していますか?
・競合他社の採用は受けていますか?
・競合他社◯◯ではなく、当社を選んだ理由を教えていただけますか?
・これまでの経験でやりがいを感じた出来事を教えてください。
・どのような環境であれば、あなたの能力を最大限に活かせると考えていますか?
・当社の製品やサービスについてのあなたの意見を聞かせてください。
・最近起きた仕事上でのトラブルや挫折について教えてください。
 (状況を詳しく教えてください。どのように対処しましたか?)

質問の中で、その職種に求められるコミュニケーション能力などの適性があるか、企業理解が進んでいるか、自分のキャリアに自信を持っているか、客観的な視点で企業や自分を分析できているか、などがわかります。

気をつけたいのはこれらの質問にただ答えるだけでなく、上記の5つを満たしていると思ってもらえるような要素を入れていくことです。

特に最後の質問は職務に対する適性を見るための質問ですので、経験したことから何を学んだのか、職務適性に紐づけて答えるようにしてください。

よくある質問の答えを準備するときは、答えるときにどんな長所や経験と結びつけたら魅力的に伝わるかまで考えておくと、面接をよい方向に進めていくことができるはずです。

面接官への逆質問

質問に答え終わったら、最後に企業への質問を促されます。これは日本の面接でも変わりませんが、ホームページを見てわかるようなことや、聞いて何になるのか?と疑問を持たれるような質問は控えるようにしてください。

例を挙げると、下記のようなものがあります。

・私が応募した職種の募集背景は何でしょうか?
・御社で活躍されている方の特徴を教えてください。
・◯◯様が入社されたときと今の御社の違いについて教えてください。

これらの質問は企業や職種、そして今後自分が働くために必要な能力を学ぼうとしている意欲を感じさせてくれる質問です。

せっかく質問できる機会があるわけですから、自分の意欲もアピールしつつ、入社した後にも役立つような質問を行いましょう。

覚えておくと良いフレーズ

外資系企業への転職を志望する方から受ける質問の中で多いものに、「転職活動のインタビューでは、留学経験が豊富であると感じさせるような流暢な発音の英語力が必須ですか?」というものがあります。

この質問をする転職志望者は当然あまりご自身の英語力に強い自信を持っていないケースが多いのですが、質問に対する答えは「外資系企業への転職に、留学経験が必要となるような流暢な英語力は必要ありません」です。

このように答えると、たいていの方は「でも実際に内定が出るのは英語力に自信のある人だし、それに業務で一定レベル以上必要になるでしょう?」と思われるものです。

しかし、依然流暢な英語を話せる必要はないのです。なぜならば重要なのは、

  • 聞かれた質問に対してクリアに答えられること
  • 自分の考えをカタカナ英語でもOKなのではっきりと伝えられること

の2点でしかないからです。
この記事を読んでいる方の大半は日本語をネイティブとして読み書きし、日本語での面接であればそれほど心配ないとお考えのことが多いのではないでしょうか。

しかし、上記2点を日本語でクリアするのも相応に難しいものです。要するに、大切となるのは「コミュニケーションスキル」であり、発音や英語力そのものではないのです。そこで、インタビューのために知っておくと良いフレーズをご紹介します。

自己紹介してください

こんな質問簡単!と思われる方が大半でしょう。ただし、気をつけておきたいのは英語でのインタビューの場合、”Please introduce yourself.”とは言われないということです。

面接官がネイティブスピーカーであれば、以下のような聞かれ方をするのが一般的です。

  • Could you tell us about yourself a little bit?
  • Is there anything you would like to tell us about yourself out of CV?

「あなたについて少しお聞かせいただけますか?」という意味の質問ですが、つまり自己紹介をするということです。

この場合2問目にも書いたように、履歴書や職務経歴書を読み上げるような内容ではなく、書ききれなかったことを補足するような話し方をすると良いでしょう。

志望動機を聞かせてください

こちらもまた”What is your志望動機?”と聞かれることはありません。英語においては、

  • What motivated you to choose our company?
  • What made you apply for this position?

などと聞かれます。ほんの少しのニュアンスですが、普段英語でのインタビューに慣れていないと「…?」と固まってしまうので予め心の準備をしておきましょう。

おわりに

外資系・海外企業の場合は面接言語が英語になるだけではなく、企業側が重視しているポイントを押さえて対応できる人物かどうかも厳しく見られます。

外国に進出している企業であれば、現地企業に負けないように優秀な人材を採ろうとしているわけですから、厳しいのも当たり前といえるでしょう。

国や文化が違えば、人材に求められるポイントも変わります。今回ご紹介した、見られているポイントに合わせて面接ができるよう、準備を行ってみてください。

きっと今までよりも手応えのある面接ができるはずです。

関連記事

おすすめ転職会社3

アズール&カンパニー

おすすめポイント

国内・外資系問わず消費財業界に強い転職エージェントです。ラグジュアリー、日曜消費財、スポーツ、アウトドア、エンターテイメント、流通・通販・ECやアパレルなどの求人案件が多く、所属するコンサルタントもそれぞれの業界に特化しているため、専門的な知識とノウハウで転職を支援してくれます。消費財業界への転職を目指すのであれば文句なしのおすすめエージェントです。(参考:外資系消費財業界の転職・求人なら - アズール&カンパニー

口コミ

表には出てこない業界の情報や、各社の特徴をよく理解しており、スムーズな転職に成功しました(日用消費財業界 42歳 男性)

一般的な転職エージェントにはない専門的な知識を持っており、面接等のアドバイスも適切で頼りがいがありました(ラグジュアリー業界 32歳 女性)

別の転職エージェントではこちらの意向に沿わない求人ばかり進められましたが、アズールさんでは私のキャリアにぴったりの求人を勧めてくれ、さすがだと思いました(エンターテイメント業界 36歳 男性)

ISSコンサルティング

おすすめポイント

外資系企業に特化した転職エージェント。大手有名企業の求人が多いのが魅力。

JAC Recruitment

おすすめポイント

特化型ではないが多数の求人情報あり。とにかくたくさんの案件を見たいならおすすめ。

新着記事